ホーム>スタッフブログ>外構リフォームを受注して感じたこと
スタッフブログ

外構リフォームを受注して感じたこと

浦和区にお住いのお客様の、外構リフォーム工事を受注致しました。

現場調査を含めて3回訪問させて頂きましたが、2回目の打ち合わせの内容は現況の階段をスロープに変えることでした。

しかし、その提案をご覧になられたお嬢様が、現況のオーバードアを外したくないとので、結局スロープの案ではなく階段のままになりました。

オーバードアを残してスロープを造作すると、勾配はきつくなりスロープを造作しても無意味となってしまう為です。

私は高齢の義母と一緒に住んでおりますが、その際色々と家の中と玄関先をリフォームを致しました。

確かに年齢が違うと一方では使いやすいものでも、片方は使いずらい事が多々あります。

しかし私もいずれは高齢者側になるので、やはり高齢者側に立った内容のリフォームが良いのではないかと思っております。

営業時にもう少し上手に提案できていれば良かったと、反省している次第です。

 

小林

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kmcllc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/13

ページ上部へ