ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

安全を祈って

本日の9時から、ラフターを使用して油水分離槽を設置する工事があります。

前日に準備をして整えましたが、少し不安です。

何事にも絶対は無いので出来る限りの対策を講じ、スタッフ全員で笑って終わらせるよう頑張ります。

ちなみに場所は、埼玉県越谷市の某自動車ディーラーの敷地内です。

 

小林

本日、自宅前私道にアスファルト舗装を致しました

本日、スタッフの手が空いたので、自宅前の私道にアスファルト舗装を致しました。

不陸調整をしてから少し間が空いてしまいましたが、綺麗に舗装ができ大変満足しております。

舗装する前は砕石を敷いておりましたが、私道の前の道は奥が行き止まりとなっており、その奥にはテニスクラブと学童があり、お迎えの車が私道でUターンするので砕石では轍ができ、雨が降るといつも水たまりになっていました。

これでマイカーが汚れることなく、過ごせます。

スタッフのみんな、本日はお疲れさまでした。

 

小林

オーバードア(跳ね上げ門扉)で感じたこと

先週、オーバードアの撤去の現場調査に伺いました。

その日は強風で、伺った時もかなりオーバードアが風で暴れいていました。

上がらないようにロックを掛ければ良いのですが、別のお客様でロックを掛けていて、無理矢理検針の人が侵入するため上げようとして故障した件、電動タイプと知らずに無理矢理上げようとして故障した事例が、ここ一か月で起きました。

駐車スペースの間口寸法の問題もありますが、オーバードアを上げなければその場に入れない設計がそもそもの問題であり、開き戸を設置したり他の場所から入り込めないのであれば、お客様にご説明をしてオーバードアに変わる何かを提案しなけらばならないと感じました。

 

小林

外構リフォームを受注して感じたこと

浦和区にお住いのお客様の、外構リフォーム工事を受注致しました。

現場調査を含めて3回訪問させて頂きましたが、2回目の打ち合わせの内容は現況の階段をスロープに変えることでした。

しかし、その提案をご覧になられたお嬢様が、現況のオーバードアを外したくないとので、結局スロープの案ではなく階段のままになりました。

オーバードアを残してスロープを造作すると、勾配はきつくなりスロープを造作しても無意味となってしまう為です。

私は高齢の義母と一緒に住んでおりますが、その際色々と家の中と玄関先をリフォームを致しました。

確かに年齢が違うと一方では使いやすいものでも、片方は使いずらい事が多々あります。

しかし私もいずれは高齢者側になるので、やはり高齢者側に立った内容のリフォームが良いのではないかと思っております。

営業時にもう少し上手に提案できていれば良かったと、反省している次第です。

 

小林

反省を込めて

昨日、2年8か月前に現場調査にお伺いさせて頂いたお客様より、工事の依頼を賜りました。

とてもうれしく思うとともに、それまでアフターフォローを怠った自分が恥ずかしいです。

ちょうど年末ですのでこの機会に、今までのお客様に年賀状をお送りして、フォローしていきます。

又、本日の朝LIXILリフォームネットより、オールLIXIL無金利リフォームローンキャンペーン申し込み期間延長のお知らせが、FAXで送られてきました。

再度、チラシを印刷してポスティングしていきます。

和光市が中心となりますが、ご覧になられた方は是非ご検討下さい。

 

小林

テラス囲いの現場調査

昨日、現場調査に伺ったところ、テラス囲いのご要望があり、使用目的が作業場という事でした。

当初はLIXILのサニージュをお考えでしたが、その他の商品でより内容が良いものがないか、いろいろ調べました。

最終的にはお考えのサイズで作業場として使用するには、どの商品であっても適さないと考えその旨お客様にお伝え致しました。

お客様も敷地内でなく、他の場所で借りた方が良いとお考えが変わっていらっしゃいました。

弊社は不動産部門もありますので、物件をお探しになる際は少しでもお力に成れればと、思う次第です。

 

小林

是非、このお客様のお仕事を受けたい

先日、川口市のお客様宅に現場調査に伺いました。

弊社には2階ベランダに屋根を取り付ける工事の調査依頼でした。

色々とお話をさせて頂いたところ、その他にもブロック工事、カーポート・カーゲート、門扉などの設置もご希望されており、他の業者はブロック工事はできるが金物の工事はできない。逆に金物工事はできるがブロック工事ができないとのことで、単品で見積が出ているそうです。

弊社はワンストップですべての工事を、社員で施工可能であることをお伝えし、パースも作成してお客様にお送り致しました。

外構工事もトータルでコーディネートしないと、バランスが悪くなることは歴然としていますので、是非弊社にトータルでご依頼して頂けるよう、祈るばかりです。

 

小林

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

ページ上部へ